PR
画面●Windowsストアアプリ版「Teachme Biz」
画面●Windowsストアアプリ版「Teachme Biz」
[画像のクリックで拡大表示]

 スタディストは2015年3月24日、クラウド型のマニュアル作成・共有ツール「Teachme Biz」のWindowsストアアプリ版を公開した(画面)。Windows 8.1搭載のタブレットやパソコンで利用できる。これを皮切りに今後Windows環境への対応を強化し、Teachme Bizを大企業向けに展開する狙いだ。

 Teachme Bizは、スマートフォンのカメラなどで撮影した画像を使って、簡単にマニュアルが作れるツール。Webブラウザーまたはスマートフォン向け専用アプリから利用する。専用アプリはこれまで、iOS/Android向けを提供していた。だが「オフィスの現場ではWindows搭載パソコンが多い。Windowsタブレットのシェアも向上している」(スタディスト代表取締役の鈴木悟史氏)。そこで今回、Windowsストアアプリを開発した(関連記事:Teachmeのスタディストが日本マイクロソフトと協業、Winストアアプリ提供へ)。

 Teachme Bizは現在「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」上で稼働しているが、今後はマイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」にも対応し、Windows Azure上で企業ごとの専用環境(シングルテナント)の運用を可能にする計画だ。「金融機関をはじめとする大手企業には、専用環境へのニーズが強い」(鈴木氏)ためという。Windows搭載スマートフォンにも対応する予定。

 Teachme Bizの利用料金は月額5000円から。これまでに、約2000社の企業に導入されている。

Teachme Biz