PR

 ソフトバンクモバイルとヤフーは2015年3月25日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)孫会社のTポイント・ジャパンの第三者割当増資を引き受けると発表した。携帯電話、インターネット、店舗サービスについてそれぞれ巨大な顧客基盤を持つ3社が、単一のポイントサービスを共同運営する形となる。

 出資比率は、新たに資本参加するソフトバンクモバイルが0%から17.5%に、追加出資するヤフーは15%から17.5%に、CCC子会社のCCCマーケティングは85%から65%となる。

 ヤフーとCCCは、プライバシーポリシーやT会員向け特約を通じ、T会員の購買履歴やWeb履歴について情報連携している。ソフトバンクモバイルは、CCCとの情報連携について「検討中」(同社広報部)とするにとどめた。
 
 日本経済新聞は2015年3月25日朝刊で、ファミリーマートがTポイント・ジャパンに出資する方針を固めたと報じた。ファミリーマートは同日のリリースで、経営上の様々な協力関係についてTポイント・ジャパンおよびCCCマーケティングと協議しているが「何ら決定した事実はございません」としている。