PR

 フジテレビジョンは2015年3月26日、福岡国際センター(福岡市)で開催される「平成27年全日本選抜柔道体重別選手権大会」で4K中継を行うと発表した。4K中継車を東京から手配し、9台の4Kカメラを用いて試合中継を行う。

 現地では4K画質での収録を行いながら、同時に中継車から2Kにダウンコンバートされた中継映像を台場に伝送する。同大会の2K版は、「全日本選抜柔道体重別選手権2015」という番組名で、フジテレビ(地上波)およびBSフジ(BS放送)で放送する。4K版は、地上波とBSでの放送終了後、東経124・128度CSの4K試験放送チャンネルの「Channel 4K」で放送される予定である。

 番組を担当するフジテレビのスポーツ局は、今回の4K中継について、「フジテレビ スポーツ局は、リオ五輪中継を見据えて今から4K中継の制作能力を高めておく必要がある」「この経験が、必ずオリンピックでの中継に活かされると確信している」などとしている。

[告知ページへ]