PR
写真●開発コード名は「NARA」
写真●開発コード名は「NARA」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本電信電話(NTT)は2015年3月26日、プロ向けの4K/60p映像対応H.265/HEVCリアルタイムエンコーダLSIを開発したと発表した(写真)。開発したLSIは、より高画質な4K映像の素材伝送に適用可能なプロ用途向けの映像規定「Main 4:2:2 10プロファイル」に対応することが特徴。例えば、放送局などが編集や生中継などに使うことも可能。同規定に対応したLSIの開発は、「世界で初めて」という。

 今回LSI化により、既存技術でのHEVCエンコーダと比較して、「基盤実装面積を16分の1に、圧縮性能も1.5倍に、小型化と高性能化を実現した」という。

 NTTでは、このLSIの搭載システム装置を、2015年度第3四半期以降にNTTグループより市場投入する予定。また、NTTは今回のLSIについて、複数チップ用いることで、8K映像をリアルタイムエンコード処理する技術的な実現性も確認している。

 なお、今回開発したLSIは、2015年4月13日から米国ラスベガスで開催される世界最大の放送機器展である「NAB2015」での展示を予定する。

[発表資料へ]