PR

 アサインナビは2015年3月30日、主に中小企業を対象にしたIT/コンサルティングのクラウドソーシングサービス「アサインナビ」()を事業化すると発表した。2013年12月から無償で試験提供してきた同サービスについて、4月1日から法人向けに会費制を導入し、一部機能を有料会員限定にする。

図●「アサインナビ」のサービス概要
図●「アサインナビ」のサービス概要
[画像のクリックで拡大表示]

 アサインナビは、「仕事を依頼する法人」と「仕事を受ける法人/個人」をマッチングするクラウドソーシングサービス。中小企業のIT化推進を支援する目的で立ち上げた。受発注の双方がサイト上で仕事の登録・検索を行える。サイト上で商談がまとまったら、同社が間に入ることなく直接契約をすることが可能だ。

 同社は、2013年12月19日から、同サービスを無償で試験提供してきた。2015年3月19日時点で約700社の企業が登録している。登録企業数が一定数に達し事業化のメドが立ったとして、法人を対象に4月1日から月額の会費制を取り入れ、一部を有料会員限定サービスとする。

 4月1日以降に有料会員に限定する機能は、発注側が受注側へ応募を促す「スカウト機能」と、受注側が発注側の掲載している案件に応募する「応募機能」。ただし、発注側からスカウトされた案件に対する応募は無料会員でも可能。

 会費プランは、「12カ月」「6カ月」「3カ月」の3パターンを用意する。12カ月プランの会費は42万円(月額3万5000円)、6カ月プランは27万円(同4万5000円)、3カ月プランは16万5000円(同5万5000円)。個人事業主は会費無料とする。

 アサインナビは、2015年度に1億円の売り上げを目標としている。

[アサインナビのサイト]