PR
キーワード頭出し ボイスレコーダー
キーワード頭出し ボイスレコーダー
[画像のクリックで拡大表示]
撮ってキャラスタジオ
撮ってキャラスタジオ
[画像のクリックで拡大表示]

 カシオ計算機は2015年3月26日、スマートフォンアプリの新製品として、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せる「キーワード頭出し ボイスレコーダー」と、写真からキャラクター画像を自動生成できる「撮ってキャラスタジオ」を同日公開したと発表した。いずれもApp StoreおよびGoogle Playで提供する。

 キーワード頭出し ボイスレコーダーは、独自の「音声キーワード検索」技術を採用したアプリで、検索語をかな文字で入力すると、アプリ内部で音声データに変換し、録音データ内で類似する部分を検索できる。検索結果を聞き終えた後に必要な部分だけ残すことも可能。

 無音スキップや倍速再生などの機能も搭載する。対応OSはiOS 7.1以降。App Storeでのダウンロード価格は500円。4月30日まで期間限定で300円で販売する。Android版は検討中。

 撮ってキャラスタジオは、顔写真から輪郭、目、鼻などのパーツを抽出し、大きさや位置のバランスを認識して顔の雰囲気をとらえたキャラクターを自動生成できる。キャラクター画像は上半身のみと、さまざまな表情やポーズに「ごめんね」や「ワクワク」といったセリフを合成したものを、1度の変換で21パターン作成する。

 無料版では生成したキャラクターのうち3パターンを保存可能。アプリ内課金(Android版108円、iPhone版100円)で全パターンの画像が保存できるようになる。髪型やセリフの変更、メガネの有無といったアレンジも可能。保存データ形式はPNG形式。対応OSはAndroid 4.0以降、iOS 7.0以降。iPhone版は4月提供予定。

 また、同社は、スマートフォンアプリのラインアップ拡大に伴い、カシオ公式アプリのポータルサイトを同日開設した。