PR
写真●グラフィックスカード「Palit NE5XTIX015KB-PG600F」
写真●グラフィックスカード「Palit NE5XTIX015KB-PG600F」
[画像のクリックで拡大表示]

 ドスパラは2015年3月27日、最新グラフィックスチップ「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」を搭載した台湾Palit Microsystems製のグラフィックスカード「Palit NE5XTIX015KB-PG600F」(写真)を同日発売したと発表した。販売価格は16万1980円(税込み)。

 NVIDIA GeForce GTX TITAN Xは、Maxwellアーキテクチャーを採用したハイエンド市場向けGPU。同じMaxwellアーキテクチャーの「GeForce GTX 980」の1.5倍となる3072基のCUDA演算コアと、12GBのグラフィックスメモリーを搭載し、高い描画力を必要とする最新ゲームを4K解像度で楽しめるという。

 インタフェースはPCI Express x16(3.0対応)。出力端子はDVIとHDMIが各1系統、DisplayPortが3系統。補助電源は6ピンが1基、8ピンが1基。本体寸法は長さ267×幅112mmで、高さは2スロット分専有する。