PR
図●アップルウォッチ上の「iSPEED」の画面。前日より株価が上昇している銘柄は赤、下落している銘柄は緑の背景色で表示する
図●アップルウォッチ上の「iSPEED」の画面。前日より株価が上昇している銘柄は赤、下落している銘柄は緑の背景色で表示する
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天証券は2015年3月31日、スマートフォン向けの株式トレードツールである「iSPEED」を、アップルウォッチに対応させたと発表した。アップルウォッチで、お気に入りの銘柄の株価や新着ニュースを確認できる。事前に株価を指定し、到達時に通知させることも可能だという。

 対応したのは、2015年3月27日にリリースした「iSPEED 4.2.0」。アップルウォッチが発売される2015年4月24日から利用できる。最大10個の銘柄や「日経225」などの指標を登録し、前日からの値動きなどを表示する機能を追加()。新着ニュースの通知機能も実装した。

 登録した銘柄について、指定価格に到達した際にアップルウォッチ上にプッシュ通知させる機能も搭載する。ユーザーは、売買のタイミングなどをリアルタイムで把握できる。通知機能の設定はiPhone上で実施する必要があるが、指定価格はアップルウォッチでも変更可能だという。