PR
写真●アイ・オー・データ機器が取り扱うCompute Stick
写真●アイ・オー・データ機器が取り扱うCompute Stick
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルは2015年4月2日、スティック型のPC「Compute Stick」を4月30日に発売すると発表した。テレビやディスプレイのHDMI端子に直結して使うPCで、重さは54g。Windows 8.1搭載モデルの実勢価格は約2万円。

 Compute Stickは、外形寸法が幅37×奥行き103×厚さ12mmと超小型のPC。CPUはAtom Z3735F(クアッドコア、1.33GHz)。Bluetooth 4.0や無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)を備える。

 Windows 8.1 with Bing 32ビット搭載モデルは、メモリーがDDR3L-1333 2Gバイト、ストレージはeMMC 32Gバイト。メモリー1Gバイト、ストレージ8GバイトのLinux搭載モデルもある。本体には映像出力用のHDMI端子のほか、microSDXCスロット、USB 2.0端子、電源供給用のMicro USB端子を備える。

 アイ・オー・データ機器、サードウェーブデジノス、テックウインドがCompute Stickの取り扱いを表明している。アイ・オー・データ機器の場合、単品の価格は2万500円(税別、以下同じ、写真)。キーボードとマウスのセット製品(2万3000円)、フルHD液晶ディスプレイ(LCD-MF243XDB)とのセット製品(4万5000円)なども用意する。