PR
写真●検索アルゴリズムの変更を伝える、Googleの公式ブログ
写真●検索アルゴリズムの変更を伝える、Googleの公式ブログ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleが現地時間2015年4月21日に予定しているモバイル検索のアルゴリズム変更により、中小企業だけでなく米Microsoftや米Procter and Gamble(P&G)など大手ブランドも影響を受ける可能性があると、複数の海外メディアが指摘している。

 Googleはスマートフォン上の検索において、Webサイトがモバイルに対応しているかどうかを検索ランキングの指標として採用することを2月末に告知した(写真)。全言語のモバイル検索が対象となり、広く影響を与えることから、同変更は「Armageddon(アルマゲドン)」にもじって「Mobilegeddon(モバイルゲドン)」とも呼ばれている。

 Googleが公開しているテストツールでは、Microsoftの「Windows Phone」サイト(windowsphone.com)やP&GのWebサイト(pg.com)、欧州連合(EU)のWebサイト(europa.eu)、高級ファッションブランド「VERSACE」のサイト(versace.com)などが、「モバイルフレンドリーではない」と判断される。

 英Financial Timesは、「非モバイルフレンドリーなサイトは、検索結果の1ページ目に掲載されない可能性が高い」との英オンラインマーケティング企業の意見を紹介している。一般的にユーザーは、検索結果の2ページ目以降に目を通そうとしない。

 今回のアルゴリズム変更は、タブレットおよびデスクトップの検索を対象にしていない。だが、多くの人たちがスマートフォンでショッピングの比較やレストラン検索などを実行していることを考えれば、ビジネスに与える影響は非常に大きい。

 関連性の高い情報でも、モバイル対応が十分でなければ検索結果の上位に表示されなくなり、ユーザーが最適な情報を得られなくなる可能性があると米Business Insiderは指摘している。一方で、モバイル検索した際に、アクセスに時間が掛かる、アクセスできても読みにくい、といった煩わしい思いをしなくて済むようになるとの意見もある。

 米comScoreの調査によると、米国では2014年第4四半期におけるオンライン検索の29%がモバイルから行われ、そのうち3分の2をGoogleが処理しているという。