PR
WhatsAppのWebサイト
WhatsAppのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookが2014年に買収した、メッセージングアプリケーション「WhatsApp」の月間アクティブユーザー(MAU)が8億人に達した。同アプリケーションを運営する米WhatsAppのJan Koum最高経営責任者(CEO)が現地時間2015年4月17日、Facebookへの投稿で明らかにした。

 FacebookがWhatsApp買収計画を発表した2014年2月時点で、WhatsAppのMAUは4億5000万人だった。買収を完了した同年10月には6億人を超えていた(関連記事:FacebookがWhatsApp買収手続きを完了、総額218億ドル超に)。

 米Wall Street Journalによると、WhatsAppは2015年1月に7億人が突破したと発表しており、このペースでいけば年内に10億人に達する可能性がある。

 ちなみにFacebookは3月、メッセージングアプリケーション「Messenger」の拡充を発表した際に、MessengerのMAUが6億人であることを明かした(関連記事:Facebook、「Messenger」用アプリ開発プラットフォームを公開)。

 また米Twitterは2014年末時点のMAUを2億8800万人と報告している(関連記事:Twitter決算は売上倍増で赤字縮小、ユーザーの伸びは鈍化)。