PR

 韓国Samsung Electronicsが中心となって取り組んでいるモバイルOS「Tizen」を登載したスマートフォンは、現在アジア2カ国のみで販売されているが、SamsungはTizen向けアプリケーションを配信/販売する「Tizen Store」を世界に拡大している。米Wall Street Journal(WSJ)がSamsungから確認を得たとして現地時間2015年4月30日に報じた。

 Tizenを登載したスマートフォン「Samsung Z1」は2015年1月にインドで発売され、2月にバングラデシュに投入された(関連記事:Samsung、Tizenスマホ「Z1」をインドに続きバングラデシュでも発売)。希望小売価格は100ドル未満で、初めてスマートフォンを所持するユーザーをターゲットに、基本的な機能を提供する。

 Tizen Storeのグローバル展開は、Samsungがインドおよびバングラデシュ以外のより広範な地域に向けて野心を抱いていることを示していると、WSJは指摘している。TizenをAndroidやiOSに対抗できるようにするには、アプリケーションストアが重要なカギを握る。

 Samsungはこれまで6種類の腕時計型ウエアラブル端末を市場に投入しており、そのうち4種類はTizenを採用している。また、同社のBK Yoon共同最高経営責任者(CEO)は今年行われたインタビューで、「Samsung製のインターネット対応テレビはすべてTizenを登載する」との計画を明らかにした。

 Samsungは、Tizen Storeが現在182カ国でアクセス可能であることを認めるにとどまり、「Tizenスマートフォンの計画はZ1リリース当初から変わっていない」と述べたという。Tizen関連の情報を配信するサイト「Tizen Experts」によると、Tizen Storeは新たに公開された地域では無償アプリケーションのみ扱い、日本も対象に含まれている。