PR
GoAPIのシステムイメージ
GoAPIのシステムイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモとソフトバンクモバイルは2015年4月30日、「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立したことを明らかにした。同コンソーシアムでは、異なる種類のウエアラブル機器やIoT機器をWeb APIを使って操作できる「GotAPI」の普及促進や機能検討を行う。

 GotAPIは、ドコモが開発した「デバイスコネクトWebAPI」を基に、2015年4月16日に携帯電話機関連の規格策定団体「Open Mobile Alliance」で標準化されたインターフェース技術である。GotAPIを利用可能にするミドルウエアをインストールしたスマートフォンでは、サービス提供企業のスマートフォンアプリやWebアプリからGotAPIに対応したウエアラブル機器やIoT機器を一元的に操作できる。

 同コンソーシアムは、機器メーカーやサービス提供企業などへの参加を呼び掛け、様々な機器やアプリケーションでのGotAPIの採用を促進するほか、機器やアプリケーションの実用化に向けた開発支援や課題解決のサポートなど、普及拡大に向け、取り組むという。