PR

 大日本印刷(DNP)は2015年5月8日、アンケートの回答を送信すると回答者の価値観を提示してくれるWebサービス「価値観クラスター判別APIサービス」()を開始した。自社の顧客にアンケートを実施すれば、顧客ごとの価値観を把握できる。購買履歴と照らし合わせれば、商品と価値観の関係も分かるという。アンケート項目や、価値観の分類に使うデータベースは、いずれもDNPが用意する。料金(税別)は、初月が月額15万円、次月以降は月額10万円。売上目標は2015年度に10億円。

図●価値観クラスター判別APIサービスは、アンケート結果を価値観データベースと突き合わせることによって、21タイプの価値観の中から該当する価値観を判定する(出典:大日本印刷)
図●価値観クラスター判別APIサービスは、アンケート結果を価値観データベースと突き合わせることによって、21タイプの価値観の中から該当する価値観を判定する(出典:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 アンケートは、10分野34項目で構成する。ここから導かれる価値観は、大分類で5個、小分類で21個に分かれる。Web APIを介してアンケートの回答を渡すと、即座に価値観を判別して返す。Web APIなので、自社のWebフォームなどに埋め込んで利用できる。DNPもWeb APIを実装したWebフォームを提供する。ユーザーは自社でWebフォームを用意しなくてもアンケートを実施できる。

 価値観を判定するために使う「価値観データベース」は、DNPが1年ごとに更新している。具体的には、DNPの会員1万5000人を対象にアンケートを実施し、購買行動やライフスタイルなど約1000問の質問に対する回答結果を基に構築している。価値観データベースを補強するため、2015年3月からはDNPの家計簿アプリケーション「DNPレシート読み取り家計簿アプリ レシーピ!」(ダウンロード数は160万件)のユーザーに向けて5分程度で終わるアンケートも用意した。このアンケートの回答結果も価値観データベースに反映する。

 価値観クラスター判別APIサービスは、DNPが2014年2月に開始した個別対応のサービス「カスタマーフォーカスマーケティング」の機能の一部を、Web APIの形で容易に利用できるようにしたもの。アンケートに回答した顧客に限るが、顧客の価値観を機械的に判定できるようになった。

 従来のサービスはアンケート結果などをDNPのエンジニアにまとめて渡す必要があった。ただし、機能は豊富であり、アンケート結果に加えて購買履歴を引き渡すことで、どの商品がどの価値観の顧客に好まれているかといった情報まで数値化できた。商品と価値観の相関データが分かれば、アンケートに未回答の顧客の価値観を推測できる。価値観クラスター判別APIサービスが提供するのは価値観の判定のみで、購買履歴の照合はできない。