PR

 米Microsoftは現地時間2015年5月13日、次期OS「Windows 10」のエディション構成を発表した。個人および家庭向け、小企業およびプロシューマー向け、モバイル端末向けのほか、ボリュームライセンス契約を結んでいる企業や教育機関向けなどを用意する。

 Windows 10は、パソコン、タブレット端末、スマートフォン、ゲーム機「Xbox One」、ホログラム対応ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」、大画面デバイス「Surface Hub」といったさまざまなデバイスで稼働し、各デバイスに最適化しつつ、共通した使用体験を実現するとしている。

 「Windows 10 Home」は消費者向けデスクトップパソコン、タブレット端末、2-in-1デバイスでの使用を想定する。音声アシスタント機能「Cortana」、「Edge」ブラウザー、デスクトップとタッチに最適化したタブレットモードのUIを切り替える「Continuum」、生体認証ログイン「Hello」、Xbox Oneゲームをストリーミングプレイできる機能などを装備する。

 「Windows 10 Pro」は、Windows 10 Homeに小規模企業向けの機能を追加する。デバイスおよびアプリケーション管理、データ保護、リモートおよびモバイル対応、クラウド活用などを強化する。

 「Windows 10 Mobile」は、スマートフォンや小型タブレット端末向け。Windows 10 Homeに含まれるユニバーサルアプリケーションに加え、タッチ操作に最適化した「Office」を利用可能。一部モバイル端末では、大画面に接続してパソコンのように使える「Continuum for phone」をサポートする。

 Windows 10 Home、同Pro、同Mobileの3エディションは、リリースから1年以内は「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows Phone 8.1」からのアップグレードが無料で行える。

 「Windows 10 Enterprise」は、Windows 10 Proの機能に加え、中~大規模企業のニーズに対応する高度な機能を搭載する。デバイスやアプリケーション、重要情報を狙う脅威に対抗するセキュリティ、OS導入やデバイスおよびアプリケーション管理のための各種オプションを提供する。

 「Windows 10 Education」はWindows 10 Enterpriseをもとに、学校の管理者や教員、生徒のニーズに合うよう設計した。

 「Windows 10 Mobile Enterprise」は、スマートフォンや小型タブレットを使用するビジネスユーザーに焦点を当てる。優れたセキュリティおよびモバイル管理機能のほか、アップグレード管理のためのさまざまな手法を柔軟に利用できる。

 Windows 10 Enterprise、同Education、同Mobile Enterpriseは、ボリュームライセンスプログラムを通じて提供する。

 また、Windows 10 Enterpriseと同Mobile Enterpriseでは、ATMやPOS端末用といった各産業に特化したバージョンをそろえる。さらにゲートウエイなど小型デバイス向けの「Windows 10 IoT Core」も用意する。

 Windows 10は、今夏に111言語をサポートして190カ国でリリースされる予定(関連記事:「Windows 10」は190カ国で今夏リリース、海賊版も無償アップグレード)。

[発表資料へ]