PR
図:「CONPROSYS」の構成
図:「CONPROSYS」の構成
[画像のクリックで拡大表示]

 コンテックは、M2M/IoTシステム向けのデバイスやクラウドサービスなどを「CONPROSYS」として、日本とアジア、北米、欧州で2015年5月13日からシリーズ展開する(ニュースリリース)。FAや社会インフラ、再生可能エネルギー、スマートアグリといった各業界向けの遠隔監視システムをパッケージとして提供する他、デバイスやソフトウェアなどのコンポーネント単体でも販売する。

 CONPROSYSのデバイスは、設置やケーブル配線がしやすく、プログラミング言語の専門知識がなくても制御スクリプトが組めるように設計されている。OPC-UAやModbus、EtherCATといった業界標準の通信規格をサポートしており、マルチベンダーの構成でさまざまなアプリケーションを構築できる。

 加えて、現場環境の「見える化」や遠隔制御、データ管理をユーザー自身で実行できるプラットフォームをクラウドサービスとして提供する。外部システムと連携するAPI(Application Programming Interface)も提供するため、ユーザーが導入している業務システムやビッグデータ分析ツールなど、さまざまなシステムとの連携も可能だ。

 これらのデバイスとクラウドサービスを組み合わせて実現したのが、各業界向けの遠隔監視・保全システムのパッケージだ(図)。各業界に特化した見える化機能や保全に必要な機能を提供する。タブレットなどのスマートデバイスから設備の稼働状況をいつでも確認できる他、設備に異常があった場合に電子メールなどで知らせる機能も持たせられる。

 例えばFA向けパッケージでは、生産ライン稼働率の可視化、機械設備の作動ログ(ビッグデータ)収集と解析、プラントや工場内での位置情報管理といった機能を提供し、生産の平準化や故障予防保全、防犯/セキュリティーなどを実現する。スマートアグリ(農業・漁業などの第1次産業)向けパッケージでは、植物工場の自動制御や遠隔監視制御、農業機械の管理、農作業ロボットの遠隔制御などの活用を想定する。