PR
ユビキタスウェア「コアモジュール」の外観
ユビキタスウェア「コアモジュール」の外観
[画像のクリックで拡大表示]
コアモジュールとミドルウエアで構成
コアモジュールとミドルウエアで構成
[画像のクリックで拡大表示]
コアモジュール提供と同時に搭載製品を提供(搭載製品例1)
コアモジュール提供と同時に搭載製品を提供(搭載製品例1)
[画像のクリックで拡大表示]
搭載製品例2
搭載製品例2
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2015年12月からBluetooth Smart(Bluetooth Low Energy、BLE)の通信機能や各種センサーを備えたICパッケージ「ユビキタスウェア『コアモジュール』」の出荷を始めることを、2015年5月11日に明らかにした。同モジュールを製品に組み込めば、センシング情報を意味のある情報にして出力し、この情報をクラウドで収集・サービス提供するIoTシステムを簡単に構築できるようになるという。コアモジュールは「富士通製のスマートフォンやタブレット端末に搭載してきたヒューマンセントリックエンジンをIoTノード用に切り出したもの」(富士通)といえる。

 同モジュールにはセンサーとして、加速度、気圧、地磁気、ジャイロ、マイクを封入。さらにSPIまたはI2Cで、他のセンサーを接続することができる。コアモジュールと同時に、「センシングミドルウエア」や「ロケーションミドルウエア」と呼ぶコアモジュール用のミドルウエアを用意する。

 センシングミドルウエアはセンサーデータを解析して意味のある情報にして提供するもの。例えば、加速度センサーや気圧センサーなどから人の転倒の検知や運動強度の測定、マイクから生活音ではない異音の検知などが行える。ロケーションミドルウエアでは、加速度やジャイロを使ってGPSなしにユーザーの移動履歴を取得できる。なお、リファレンスとなる位置は、インフラ側に設置したビーコンモジュールから知る。

 富士通では、コアモジュールをあらかじめ組み込んだセンサーノード製品も2015年12月に用意する。具体的には、屋内にいる社員の動きを知るための「ロケーションバッチ・タグ」、温度や湿度、運動量、心拍数などの情報から作業者の熱ストレス推定をするための「バイタルセンシングバンド」、マイクから発声・咳・寝息・行動に起因する音(ドアの開閉など)を収集し、行動パターンの変化や体調の変化などを検知する「遠隔見守りステーション」、ペットの活動測定センサーと留守時の見守りが行える「ペット見守りトータルソリューション」などである。

 今後、実証パートナーとシステムを構築して成果を積み上げ、受注につなげるという。