PR

 中国レノボは2015年5月28日、北京でテクノロジーイベント「Lenovo Tech World」を開催し、2画面スマートウオッチなどの製品コンセプトを基調講演において発表した。

 Lenovo Tech Worldは、レノボによる最新テクノロジーの発表を目的とした初のグローバルイベント。同社の研究拠点でもある北京で開催され、午前中の基調講演には米インテルや米マイクロソフトのCEO(最高経営責任者)が登壇することでも注目を浴びた(写真1)。

写真1●Lenovo Tech Worldの基調講演会場
写真1●Lenovo Tech Worldの基調講演会場
[画像のクリックで拡大表示]

 会場には報道関係者やパートナー企業関係者のほかに、多数の「レノボファン」が集結した。基調講演に登壇したレノボ会長兼CEOのヤン・ヤンチン氏は、同社が取り組んでいる領域として、「デバイスイノベーション」「コネクティビティ」「インフラ」といったキーワードを挙げ、「これらの領域において、どのようにしてイノベーションを起こしていくか。レノボのテクノロジー開発において、会場に集まってくれたレノボファンはなくてはならない存在だ」と語り、会場を沸かせた(写真2)。

写真2●レノボ会長兼CEOのヤン・ヤンチン氏
写真2●レノボ会長兼CEOのヤン・ヤンチン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい製品コンセプトとしては、世界初の2画面スマートウオッチ「Magic View」、レーザープロジェクター内蔵スマートフォン「Smart Cast」、スマート機能を搭載したシューズ「Smart Shoes」を披露した。