PR
写真1●パナソニックの10.1型ノートPC「Let's note CF-RZ4シリーズ」の最上位モデル
写真1●パナソニックの10.1型ノートPC「Let's note CF-RZ4シリーズ」の最上位モデル
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●12.5型ノートPC「Let's note CF-MX4シリーズ」の最上位モデル
写真2●12.5型ノートPC「Let's note CF-MX4シリーズ」の最上位モデル
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2015年6月2日、ノートPC「Let's note(レッツノート)」の夏商戦向け新製品を発表した。主要機種の店頭モデルでLTE対応のラインアップを追加した。発売は6月12日。

 10.1型軽量変形ノート「Let's note CF-RZ4シリーズ」は従来モデルからCPUを強化したうえで継続販売する。最上位モデルの「CF-RX4DFMBR」(写真1)はCPUにCore M-5Y71 vPro(1.20GHz/最大2.90GHz)を採用した。

 OSがWindows 8.1 Pro Update、SSD 256GB、メモリー8GB、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365サービスが付く。LTEに対応し、重さは約770g。LTE通信モジュールや比較的大型の高感度アンテナを内蔵するため、LTE非対応モデルの約745gよりもやや重くなる。想定実売価格は29万5000円前後(税別)。

 12.5型変形ノート「Let's note CF-MX4シリーズ」も同様にCPUを強化し、LTE搭載モデルを追加する。最上位モデルの「CF-MX4KFYBR」(写真2)はCPUがCore i7-5600U vPro(2.60GHz/最大3.20GHz)。OSがWindows 8.1 Pro Update、SSD 256GB、メモリー8GB、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365サービスが付く。ブルーレイディスクドライブを内蔵し、LTEに対応する。重さは約1.255kg。想定実売価格は34万円前後(税別)。

 LTEの仕様は全モデル共通で、NTTドコモのXi回線に対応し、SIMロックがかかっている。対応SIMは標準サイズ。「PCメーカーとしてSIMロックフリーを前面に出すためには、内蔵するLTE通信モジュールの対応周波数帯を広く取る必要がある。SIMロックフリー化はすぐにはできないが、将来的には検討したい」(パナソニック)としている。