PR

 米Yahoo!は現地時間2015年6月4日、「Yahoo! Maps」を含む一部サービスおよびサポートを終了する計画を明らかにした。同社の主柱である検索、コミュニケーション、デジタルコンテンツ事業に集中し、効率的なリソース配分を行うためとしている。

 Yahoo!は6月いっぱいでYahoo! Mapsサイト(maps.yahoo.com)を閉鎖する。ただし、Yahoo!検索や「Flickr」など他のYahoo!サービスにおける地図機能は7月以降も引き続き提供する。

 GUIを用いてWebコンテンツを収集、統合、加工するツール「Yahoo! Pipes」は、8月30日をもって閲覧モードのみ利用可能とし、9月30日で閉鎖する。それまでにデータを移行するようYahoo!は開発者に勧めている。

 また、「Yahoo! Mail」と「Yahoo! Contacts」において、米Appleの旧製品に対するサポートを停止する。6月15日より、「iOS 4」以前の「Mail」アプリケーションでYahoo! Mailを利用できなくなり、「OS X 10.7」以前のOSではYahoo! Contactsの同期が行えなくなる。ただしいずれもWebブラウザー経由でアクセスすることは可能。

 そのほか、国および地域向けのジャンル別サービスの閉鎖についても発表した。6月半ばにフランスとカナダで「Yahoo! Music」を、スペインで「Yahoo! Movies」を終了する。フィリピン向けのYahoo!ホームページを閉鎖し、フィリピンのユーザーはシンガポール版にリダイレクトされるようになる。7月末には、英国、フランス、ドイツ、スペイン、インタリアで「Yahoo! TV」と「Yahoo! Autos」を、カナダで「Yahoo! TV」を閉鎖する。

[発表資料へ]