PR

 プラットイーズは2015年6月8日、メディアキャスト製のデータ放送システム「DataCaster M3」を利用し、テレビの番組情報をデータ放送で提供する番組レコメンドサービス「OSUSU・me (おすすみー)」をケーブルテレビ事業者向けに今夏から開始すると発表した。月間最大1000番組のおすすめ番組を用意する計画で、通常の広報誌と同等以上の番組数を紹介する。

 ケーブルテレビ会社などは、視聴者へのサービスの一環として、番組情報を掲載した印刷物などを配布している。このサービスの導入により、視聴者はリモコン操作で各チャンネルの番組情報を得ることが可能となる。また、見たい番組を「お気に入り」に登録すれば、リマインド機能により見逃しを防止できる。視聴者は、好みに合わせて画面に表示するジャンルを選択できる。

 ケーブルテレビ局は、急な編成変更や突発的なイベント関連番組の追加、速報などのタイムリーな情報提供などにも迅速に対応が可能となる。また、毎月のランニングコストを紙媒体制作・発送費用のおよそ1割程度まで削限可能という。

 6月10日~12日に幕張メッセで開催される「Connected Media Tokyo 2015」のプラットイーズ ブース、および同10日・11日に東京国際フォーラムで開催される「ケーブル技術ショー」のメディアキャスト ブースでデモンストレーションを行う。なお、「OSUSU・me」の第1号ユーザとして、中讃ケーブルビジョンが導入を決定し、今夏から視聴者へのサービスを開始する予定。

[発表資料へ]