PR
写真1●今秋登場する「iOS9」
写真1●今秋登場する「iOS9」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2015年6月8日、次期モバイルプラットフォーム「iOS 9」を発表した(写真1)。ユーザーの行動を見越してアプリケーションや情報を提示する「Proactive」機能などを搭載し、今秋公開する。

 iOS 9は音声アシスタント「Siri」を大幅に刷新した。Proactive機能により、ユーザーの使用パターンに基づいて、ユーザーが行動を起こす前に、知りたい情報や使いたいアプリケーションを自動で表示したり、約束に遅れないよう渋滞を考慮して家を出る時間に通知したりする。

 ユーザーが特定の時間帯や特定の場所でどんな音楽を聴いているか学習し、ヘッドフォンを差し込むと、ユーザーが今聴きたいであろう音楽の再生アプリケーションを表示する。

 Proactiveに関しては、米Googleのパーソナルアシスタント「Google Now」に似た新たな機能をAppleが開発中だと、先月報じられていた(関連記事:Apple、Google Now似の新機能「Proactive」を次期iOSに導入か)。Appleは、ユーザーの行動に関する情報をApple IDと紐付けたり、サードパーティーと共有したりすることはないと説明し、ユーザーのプライバシーを保護しつつ、Proactiveを提供するとしている。