PR

 音楽配信サービスの英Spotifyは現地時間2015年6月10日、有料サービス会員が2000万人を突破したと発表した。無料サービスを含めたアクティブユーザーは7500万人以上にのぼる。

 有料会員が1000万人に達したのは、サービス立ち上げから5年半後の2014年5月末だった。「さらに1000万人増えるのにわずか1年しかかからなかった」と、同社は急成長を強調した。

 有料会員の拡大により、アーティストや作詞作曲者など権利保持者に支払う楽曲使用料も増加している。Spotifyがこれまで支払った楽曲使用料は合計30億ドルにのぼり、2015年第1四半期だけで3億ドル以上を支払ったという。世界トップ10の人気アーティストに支払う楽曲使用料は、過去1年間は1人あたり770万ドルだったが、2016年5月までの今後1年間は同1390万ドルになる見込み。

 Spotifyは前日、5億2600万ドルの資金調達に成功し、評価額が85億3000万ドルに達したと報じられた。米Appleの定額制音楽サービス「Apple Music」の登場による競争激化に備え、Spotifyはコンテンツ拡充に取り組んでいる(米Wall Street Journalの報道)。Apple Musicは今月末に100カ国以上でスタートする(関連記事:「Apple Music」、世界100カ国以上で6月30日に開始、月額9.99ドル)。

[発表資料へ]