PR
LINEの友人やグループと楽曲やプレイリストをシェアできる
LINEの友人やグループと楽曲やプレイリストをシェアできる
[画像のクリックで拡大表示]
LINEのトーク画面上から友人やグループに直接送ることも可能
LINEのトーク画面上から友人やグループに直接送ることも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 LINE MUSICは2015年6月11日、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」を開始した。聞きたい曲やアーティストを選択して再生やプレイリスト作成できるほか、LINEの友人やグループと楽曲やプレイリストをシェアしたり、LINEアプリ内のトーク・タイムライン上から直接再生できる。

 従来の国内の定額制音楽配信サービスで一般的なラジオ型ではなく、楽曲やアーティストを選んで再生できるオンデマンド型のサービス。当初はレーベル23社、プロダクション5社から150万曲以上を提供。今後もレーベルやアーティスト、インディーズを順次追加し、2014年内に500万曲以上、2016年度には3000万曲以上のラインアップを目指す。

 楽曲の再生やプレイリストの作成は専用のLINE MUSICアプリから行う。また、LINEのトーク・ライムラインに楽曲やプレイリストを送ったり、LINEのトーク画面上から友人やグループに直接送ることが可能。相手がLINE MUSICユーザーの場合はそのまま音楽再生できるほか、LINE MUSICに加入していないユーザーでも30秒間の試聴が可能。

 対応端末はiPhone/Android。料金プランは、30日間の有効期間内で20時間分の楽曲再生ができる「ベーシックプラン」が500円、時間無制限で楽曲再生できる「プレミアムプラン」が1000円。ベーシックプランは300円で10時間の追加チケットを購入可能。また、学生ユーザーには、ベーシックプランが300円、プレミアムプランが600円で利用できる学割を提供する。

 LINE MUSICは、エイベックス・デジタルとソニー・ミュージックエンタテインメント、LINEの3社が共同出資する合弁会社。ユニバーサル ミュージックも資本参加を検討している。