PR

 米Googleは現地時間2015年6月10日、新事業「Sidewalk Labs」の立ち上げを発表した。Sidewalk LabsのWebサイトには、「我々の使命は、都市の諸問題を解決する技術の利用を通じて、すべての人々の都市生活を向上すること」と記載されている。

 Sidewalk Labsは、生活費の削減、交通機関の効率化、省エネルギーといった様々な都市生活の課題を克服するための技術開発に取り組む。

 Sidewalk LabsのCEOには、米Bloombergの元最高経営責任者(CEO)で、ニューヨーク市の経済発展および再開発担当副市長を務めたDan Doctoroff氏が就任する。Sidewalk Labsはニューヨーク市に本拠を置き、「Doctoroff氏が持つ都市建設および運用の経験とGoogleの資金および支援を組み合わせる」としている。

 GoogleのLarry Page CEOは自身の「Google+」アカウントからの投稿で、Sidewalk Labsは比較的つつましい投資であり、Googleの中核事業とは離れているが、次世代製品研究部門「Google X」やヘルスケア関連事業「Calico」と同様に人々の生活向上に役立つ分野だと期待していると述べている。