PR

 ソネット・メディア・ネットワークスは2015年6月16日、ゼータ・ブリッジと業務提携し、テレビCMとリアルタイムで連動した広告配信を共同展開すると発表した。

 今回の業務提携は、ソネット・メディア・ネットワークスのコア・プロダクトであるDSP(DSP:Demand Side Platform、広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)「Logicad」の強化を目的とする。ゼータ・ブリッジのリアルタイムCM自動認識システムと「Logicad」を連携することで、放映中のテレビCMのメタデータと連動するRTB(Real Time Bidding、広告のインプレッションが発生するたびに競争入札を行って配信する広告を決定)に対応した広告配信が可能となる(図)。

 これによりテレビCMを出稿する広告主は、自社のCMが放映されると同時に、地域・性別をはじめとするセグメントされた視聴者のスマートフォンなどへ、テレビCMを補完する広告を、ほぼリアルタイムに「Logicad」で配信することが可能となる。テレビCMとインターネット広告配信によるクロスメディアでの相乗効果が期待できるとする。

 こうしたサービスは、関東・中部・関西地区を対象に、今年内の提供開始を予定する。

[発表資料へ]
[「Logicad」の概要]