PR
写真●「SABERTOOTH X99」
写真●「SABERTOOTH X99」
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾エイスーステック・コンピューターは2015年6月19日、多数の温度センサーや高度なファンコントロール機能を搭載する高耐久マザーボード「SABERTOOTH X99」を同日発売したと発表した。価格はオープン、予想実売価格は5万1500円前後(税込み)。

 米インテルの「X99 Express」チップセットを採用したATXマザーボード。温度センサーで13カ所の温度を計測(うち3カ所は付属温度センサーケーブルで好きな場所を選べる)して、CPUファンを含め11個のファン回転数を管理できるファンコントロール機能「TUF Thermal Radar 2」を搭載する。

 専用チップ「TUF ICe」により、CPUに負荷をかけずに複雑なファン制御が可能。また、マザーボードとUSB接続したAndroidスマートフォンを使って温度センサーやファンの情報、CPUやメモリーの電圧情報、ハードウエア情報などを確認できる「TUF Detective」に対応する。

 このほかにも、グラフィックボードの熱から基板を保護するカバー「TUF Thermal Armor」、基板の裏側から放熱する金属製プレート「TUF Fortifier」、空きメモリースロットや拡張スロットをホコリや腐食から保護するカバー「Dust Defenders」、チップを静電気から保護する「TUF ESD Guards 2」などを備えた。

 CPUソケットは、LGA2011-v3完全互換の独自ソケット「OC Socket」を搭載。メモリーはDDR4 DIMMを最大8本搭載可能。拡張スロットは PCI Express 3.0 x16が3本、PCI Express 2.0 x4とPCI Express 2.0 x1が各1本。

ASUS JapanのWebサイト