PR
写真1●5月11日に行われた最終プレゼン
写真1●5月11日に行われた最終プレゼン
[画像のクリックで拡大表示]

 朝日放送(ABC)は2015年6月21日、同社が企画したハッカソンをベースにしたテレビ番組「新世紀発明バトル ABCハッカソン ~ひらめきで世界を変えろ!~」を放映した(写真1)。5月9~11日に開催されたハッカソンの参加者に密着し、編集したものである。地上波での放送と同時に、YouTubeとニコニコ生放送でも配信された。

 今回のハッカソンはテレビ番組として企画したため、様々な演出が施された。審査員は、角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員の遠藤諭氏、ヤフー執行役員の村上臣氏、AR三兄弟の川田十夢氏、日本IBM東京基礎研究所主席研究員の浦本直彦氏、NTT西日本理事の山本尚樹氏といったIT業界関係者だけでなく、漫画家の江川達也さん、モデルの石田ニコルさんが名を連ねた。

 番組の進行はABCのアナウンサーが務めたほか、最優秀作品の発表者として、番組のイメージキャラクターを務める三戸なつめさんが登場するなど、テレビ番組らしい演出を取り入れた。このところ様々なタイプのハッカソンが行われているが、「ショーとしてのハッカソン」を追求した試みといえる。

 今回のハッカソンのテーマは、「イベントを楽しくするハードウエア」。「サマーソニック(音楽イベント)」「関西コレクション(ファッションイベント)」「野球観戦(スポーツイベント)」「ABC感謝祭マイドほたるまち!(フリーイベント)」のいずれかを選択し、これらイベントの主催者や出展者、来場者が楽しくなるものを発案し、実装する。