PR

 NTT東日本は2015年6月22日、公共の場所や飲食店などにおいて、誰でも手軽にインターネットが利用できるサービスとして「公衆かんたんタブレット」(仮称)の実現を目指した技術検証などのトライアルを実施すると発表した。新潟県長岡市と山形県山形市の一部地域において、約3カ月間、NTT東日本が提供するNFCによる個人認証(ログイン)機能を備えたタブレット端末を提供し、セキュアかつ簡易に利用できる認証機能などに関する技術検証を行う。

 NFCによる個人認証(ログイン)機能の実用性に関する評価・検証では、IDやパスワードがそれぞれ異なる各サービスサイトに自動ログインできる「簡単ログイン機能」を提供する。トライアル参加者にNFC対応カードなどを配布し、あらかじめインターネット上の各種会員向けサービスのIDやパスワードを含む情報を登録しておくことで、各サービスサイトからの申し込みなど、個人で行う必要のある手続きを簡単かつセキュアに実現する。

 トライアルでは、個人認証機能により一時的に専用端末化したタブレット端末のポータル画面上に「お役立ちコンテンツ」を用意する。利用者は店内で「雑誌読み放題サービス」などを試用できる。

 NTT東日本では、トライアルで得られた結果をもとに、戦後の固定電話の普及過程において自宅以外の場所で電話を利用できる仕組みとして広がった特殊簡易公衆電話(ピンク電話)に倣う形で、「公衆かんたんタブレット」(仮称)のサービス化を目指す方針。

[発表資料へ]