PR

 米Appleはまもなくスタートする新しい音楽配信サービス「Apple Music」に関して、無料トライアル期間中もアーティストに楽曲使用料(ロイヤルティー)を支払う方針に変えることを現地時間2015年6月21日に明らかにした。米国の人気歌手Taylor Swift氏がApple Musicの従来の方針に抗議したことを受けて、変更を決定したとしている。

 Appleが6月30日に開始する予定のApple Musicは、3カ月間の無料トライアル期間を設けている。Apple Musicで音楽出版社やレコード会社に支払われるロイヤルティーは業界平均の70%を上回る71.5~73%だが、無料トライアル期間はロイヤルティーを一切支払わない契約を音楽会社と結んでいた。

 これに対しSwift氏は6月21日付けの自身のブログでAppleを批判。自身の最新アルバム「1989」をApple Musicに提供しない意向を示し、「私たちは、AppleにiPhoneを無料でくださいとは頼まない。Appleも、私たちに無料で音楽を提供してと頼まないでほしい」と述べた(関連記事:「Apple Music」の報酬めぐり、米人気歌手のTaylor Swiftが異論)。Appleの方針については独立系レーベルからも不満の声が上がっていた。

 Swift氏の発言を受け、Appleインターネットソフトウエアおよびサービス部門担当上級バイスプレジデントのEddy Cue氏は同日、自身のTwitterアカウントから、「Appleは常にアーティストが支払われるようにする」「Apple Musicは無料トライアル期間中でもアーティストに支払う」「Taylor Swift氏と独立系アーティスト達へ、我々はあなたがたの声に耳を傾けている」と続けてツイートし、方針転換を明らかにした。

 Swift氏はCue氏のコメントをリツイートした上で、「私はたいへん元気づけられ、そして安堵している。支持してくれたみなさんに感謝する。彼らは私たちの意見を受け入れた」とツイートした。

 Cue氏は6月21日にインタビューに応じた際、「今朝起きてSwift氏のブログ記事を読み、我々は(方針を)変えるべきだという思いを固めた」と述べた(米New York Timesの報道)。

 米Fortuneは、ロイヤルティーを支払わない方針はミュージシャンやそのファンに対して印象が悪いが、この時点での方針転換はAppleにとってわずかなコストで済むと指摘している。