PR
AppleのWebサイト
AppleのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは、モバイルOS「iOS 8」の次回アップデート「iOS 8.4」を現地時間2015年6月30日にリリースする。同日スタートする新しい音楽サービス「Apple Music」の担当上級ディレクターであるIan Rogers氏が自身のブログで明らかにした。iOS 8.4により、Apple MusicにiOS端末から手軽にアクセスできるという。

 Apple Musicは、Appleが2014年に買収した米Beats Electronicsの音楽事業Beats Musicをベースに構築する。ユーザーがこれまで購入した楽曲やAppleが用意する3000万曲以上の中から好きな音楽を聴ける「Music」、著名なDJが選んだ楽曲を24時間流す「Radio」、アーティストがファンに情報発信する「Connect」で構成し、利用料金は月額9.99ドル(関連記事:「Apple Music」、世界100カ国以上で6月30日に開始、月額9.99ドル)。

 Rogers氏はBeats Musicで最高経営責任者(CEO)を務めていた。同氏は、ニューヨーク、ロサンジェルス、ロンドンのスタジオから3人の著名DJが担当するラジオステーション「Beats 1」を6月30日に開局することも明らかにした。

 米メディアの報道(9to5MacCNET)によると、iOS 8.4は、通常のアップデート公開時刻である午前10時より少し早い午前8時(太平洋時間)にリリースされる見込み。Beats 1のスタートは午前9時とみられる。

 Apple Musicについては、同社インターネットソフトウエアおよびサービス部門担当上級バイスプレジデントのEddy Cue氏が先週、Twitter上でいくつかの情報を提供している。Apple Musicは「iTunes Match」と同様に、ユーザーが所有している楽曲でApple Musicにないものはユーザーのライブラリからアップロードする機能が含まれる(Cue氏のツイート1)。

 また、アップロード可能な楽曲数の上限は当初2万5000曲だが、次期モバイルOS「iOS 9」以降は10万曲に引き上げることを検討しているという(Cue氏のツイート2)。