PR
写真●レノボ・ジャパンの「ThinkPad Stack」
写真●レノボ・ジャパンの「ThinkPad Stack」
[画像のクリックで拡大表示]

 レノボ・ジャパンは2015年6月30日、ノートパソコンやスマートデバイスなどのモバイル機器向けアクセサリー製品「ThinkPad Stack(シンクパッド スタック)」を発売した。モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカー、ルーター、外付け型HDDの4種類のコンポーネントを自由に組み合わせて利用できる。

 平面サイズが幅136×奥行き76.8mmと小型サイズのデバイスで、必要なコンポーネントのみをスタックして持ち運んで使用できる。各コンポーネントは、上面と底面にポゴピンとポゴパッドを備え、余分なケーブル配線をすることなく電源やデータを共有できる。また、Windows、Android、iOSに対応した専用アプリから各コンポーネントを一元管理できる。

 製品ラインアップは、4種類のコンポーネントすべてをセットにした「ThinkPad Stack プロフェッショナルキット」(直販価格3万9500円)と、「ThinkPad Stack Bluetooth スピーカー」(同1万1000円)、「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」(同7500円)、ルーターとHDDのセット製品「ThinkPad Stack ワイヤレス ルーター/1TB ハードドライブキット」(同2万7000円)の4種類。

 Bluetooth スピーカーは、各2Wのステレオスピーカーを搭載したBluetooth 4.0対応スピーカー。容量1500mAhのバッテリーを内蔵し、約8時間連続再生できる。高さ28mmで重さは約242g。

 10000mAh パワーバンクは、Bluetoothスピーカーを最大約48時間連続再生できる追加バッテリー。また、電源供給用のUSB端子を2個搭載し、スマートデバイス向けモバイルバッテリーとしても利用できる。高さ16mmで重さは約242g。

 ワイヤレス ルーターは、IEEE802.11a/b/g/n/acに対応したモバイルルーターで、ホテルなどのLAN端子に接続して最大5台までのワイヤレスデバイスを接続できる。また、USB端子を備え、3G/4Gドングルにも対応する。高さ16mmで重さは約138.5g。

 1TB ハードドライブは、USB 3.0接続の外付け型HDDで、ルーターと接続して複数デバイスとデータ共有することも可能。高さ14mmで重さは約211.6g。

製品情報
レノボ・ジャパンのWebサイト