PR

 IMAGICA TVとIMAGICA FTVは2015年7月1日、全国のケーブルテレビを通じ放送している「FOODIES TV」視聴者に対し、ケーブルテレビのホームページやコミュニティーチャンネルを活用した料理レシピデータの提供サービスを同日に開始したと発表した。

 視聴者がより便利に「FOODIES TV」の番組レシピを活用し、料理を楽しんでもらうことを目指す。実際に料理を行う際の食材や調味料の分量、料理の手順などを写真や文字での情報として提供する。

 同サービスは、専用サイトを通じて行う。ケーブルテレビ局は、自社のWebページから専用サイトへのリンクを張ることで、あたかも自局専用のレシピサイトのようなデザインでレシピデータを提供できるという。

 このほかにデータ放送サービス運用会社との連携により、コミュニティーチャンネルでのコンテンツとしてのサービス提供もできるようにした。山口ケーブルビジョンは2015年7月1日に、ジャパンケーブルキャストが運営する「JC-data」を通じ、データ放送サービスを通じたレシピデータの提供を開始した。

 IMAGICA TVとIMAGICA FTVは今後、メディアキャストやサテライトコミュニケーションズネットワークともそれぞれ連携を図り、順次サービスの開始を予定する。データ放送サービスを通じてのレシピデータ提供は、「FOODIES TVを未採用のケーブルテレビ局でも配信可能」としている。

[発表資料へ]