PR
写真●TransferJet搭載のメモリーカード
写真●TransferJet搭載のメモリーカード
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、近距離無線転送技術「TransferJet」を搭載した容量16GBのSDHCメモリーカード「SD-TJA016G」を2015年7月31日に発売する(写真)。デジタルカメラに搭載したまま、スマートフォンやタブレット、パソコンなどのTransferJet対応機器に近づけるだけで撮影した写真や動画を高速伝送できる。価格はオープン。

 同社によれば、TransferJetを搭載したSDメモリーカードは業界初。送信方法は「一括送信」と「選択送信」の2種類から選べる。一括送信は転送時に過去に送信したことのない写真や動画のみを自動判別して送信するためバックアップ用途に、選択送信はデジタルカメラ側で写真を選択して送信できるため友人や家族とシェアする場合に向くという。

 TransferJetは、「TransferJetコンソーシアム」が規格策定・普及促進する近接無線技術で、対応機器同士を近づけるだけで自動的に大容量データを送信できる。転送速度は最大375Mbpsで、1分間のハイビジョン動画コンテンツ(約128MB)を約3秒で転送できる。

東芝のWebサイト