PR
写真●HP Apollo 4000シリーズ
写真●HP Apollo 4000シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2015年7月2日、HDDを高密度実装したPCサーバー「HP Apollo 4000シリーズ」の国内販売を始めたと発表した(写真)。Hadoopなど分散ストレージの用途に向く。

 「Apollo 4200 system」は2Uラック構成で、同社従来品の約2倍となる224Tバイトを搭載できる。「Apollo 4500 System」は4Uラック構成で、最大544Tバイトを収容する。同社のマイクロサーバー「HP Moonshot」と組み合わせ、コンピュート層とデータ層を分離したHadoopクラスターのリファレンス構成も合わせて提案する。

 サーバーの発売に合わせ、Hadoopの商用ディストリビューションのうち「Cloudera Enterprise Basic Edition」を2015年7月2日に、「Hortonworks Data Platform Enterprise」を同年7月中に発売する。オブジェクトストレージソフトウエア「Scality RING」は2015年7月2日に発売する。