PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2015年7月2日、次期OS「Windows 10」のより詳細なリリース計画について明らかにした。高い需要に対応するためとして、段階的にリリースする。同社は先月、Windows 10の無償アップグレードおよび発売を7月29日に開始すると発表している(関連記事:Windows 10正式版、7月29日に190カ国で提供開始)が、ユーザーは一斉にWindows 10を入手できるわけではない。

 MicrosoftのOperating Systems部門責任者であるTerry Myerson氏によると、同社は近いうちに、Windows 10搭載デバイスを開発中のOEMパートナーにWindows 10のビルドの提供を始める。その後、小売販売業者にビルドを提供し、Windows 8.1搭載デバイスを新規購入した顧客のためのWindows 10アップグレードに小売店が対応できるようにする。

 7月29日には、まず「Windows Insider Program」の登録者に向けてWindows 10をリリースする。Windows 10を予約しているシステムに対しては、優れたユーザー体験を確保できることが確認され、Windows 10がダウンロードされる際に通知を表示する。アップグレードの条件を満たしていない場合は、アップグレードの準備を整えるのに必要な情報がユーザーに提供される。

 ボリュームライセンス契約を結んでいるユーザーは、8月1日より「Volume Licensing Service Center」を通じて「Windows 10 Enterprise」および「Windows 10 Education」のダウンロードが可能になる。

[発表資料へ]