PR

 米Microsoftは現地時間2015年7月13日、次期Windowsである「Windows 10」の公開を祝うイベントを、リリース日である7月29日に米国や日本を含む13カ国の都市で開催すると発表した。

 Windows 10の構築にあたっては、IT担当者などエキスパート向けプログラム「Windows Insider Program」の登録者(Windows Insider)500万人から価値あるフィードバックを受けたとし、世界13都市で開催するリリースイベントにWindows Insiderを招待する。Windows 10を実際に試せるほか、実験デモやWindowsチームとの交流が予定されている。

 イベント開催地は、東京、シンガポール、ドバイ、米ニューヨーク市、オーストラリアのシドニー、中国の北京、インドのニューデリー、ケニアのナイロビ、ドイツのベルリン、南アフリカのヨハネスブルク、スペインのマドリッド、英ロンドン、ブラジルのサンパウロを予定している。

 また、米国、カナダ、プエルトリコの110カ所以上の直営店で、体験デモや賞品、質問に答えるサービス、無料のワークショップなどを用意する。ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシ、米Wal-Mart、米Best Buy、米Staplesといった販売店でもアップグレードを手助けするサービスを実施する。

 さらに、米国で7月20日より、世界では7月29日から、テレビCMとデジタル広告を展開し、世界規模の宣伝キャンペーンを実施する。

 そのほか、1年間にわたる取り組み「Upgrade Your World」を立ち上げ、技術を通じて人々がより多くの目的を達成できるよう支援する。110の非営利団体を対象に、総額1000万ドルを出資する。110団体の内訳は、国際的に活動する10団体と、米国、日本、中国など10カ国から国内で活動する各10団体を選出する。

 Windows 10正式版は、7月29日より段階的に公開する。まずWindows Insiderに向けてリリースし、Windows 10を予約しているユーザーに対しては、アップグレード条件が整っている場合、Windows 10がダウンロードされる際に通知を表示する。条件を満たしていない場合は、アップグレードの準備を整えるのに必要な情報がユーザーに提供される。Windows 7および同8.1のユーザーは、リリース開始から1年以内は無償でアップグレードできる(“連記事:「Windows 10」は段階的に提供、まずはInsiderプログラム登録者から)。

[発表資料(プレスリリース)]

[発表資料(公式ブログ)]