PR

 米Googleは現地時間2015年7月14日、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いたビーコン向けのオープンな規格「Eddystone」を発表した。

 クロスプラットフォーム対応のEddystoneは、Androidのほか、iOSなどBLEビーコンをサポートするあらゆるプラットフォームに利用できる。Apache v2.0ライセンスのもとで、ソースコード共有サービス「GitHub」で公開している。

 2つのAPI「Nearby」と「Proximity Beacon」を用意し、Nearby APIはAndroidおよびiOSアプリケーションが、ビーコンの近くにある端末を認識できるようにする。例えば、バス停が近いことを知らせたり、博物館の展示物の前に立つ鑑賞者に説明を配信したりといった機能を追加できる。Proximity Beacon APIは、各ビーコンの緯度/経度といった位置データと関連情報をひも付けてクラウド上に保存できるようにする。

 BLEビーコンに関しては、米Appleが独自技術の「iBeacon」を「iOS 7」より導入している。iOS端末に専用アプリケーションをインストールし、端末のBluetoothを有効にしているユーザーが店舗などに近づいたり入ったりすると、クーポンやメッセージ、店内での案内といった情報が配信される(関連記事:Apple、iBeaconベースのサービスをApple Storeで展開、米メディアの報道)。

[発表資料へ]