PR


 ドイツ自動車メーカーBMW、VolkswagenのAudi、DaimlerによるコンソーシアムがフィンランドNokiaの地図事業HEREを約25億ユーロ(約27億ドル)で買収することで大筋合意したと、ドイツ誌「Manager Magazin」をはじめとする複数の海外メディアが現地時間2015年7月21日に報じた。

 米Wall Street Journalが関係者から得た情報によると、数日のうちに交渉が成立する見通し。米Bloombergは、7月31日ごろ発表が行われる見込みだと伝えている。

 交渉が成立した場合、同コンソーシアムはイタリアFiatやAlfa Romeoブランドを持つFiat Chrysler Automobiles、フランスRenault、米Ford Motor、米General Motors、トヨタ自動車らにも共同出資を呼びかける意向だという。

 Nokiaは2015年4月にフランスAlcatel-Lucentの買収を発表した際、HEREについて売却を含めた「戦略上の選択肢」を検討していることを明らかにした(関連記事:Nokia、Alcatel-Lucentを156億ユーロで買収へ)。これを受け、ドイツ自動車メーカーのコンソーシアムは買収を提案。他にも米Uberや米Facebook、プライベートエクイティなどが関心を示していると報じられ、Uberは約30億ドルの買収額を提示したと伝えられた(関連記事:Uber、Nokiaの地図事業HEREに30億ドルの買収提案)。

 しかしNokiaは約40億ドルの買収額を望んでいるとされている。Uberは先月、買収合戦から離脱し、米Microsoftからデジタル地図表示事業を取得することで合意したと報じられた。