PR
写真●開発するドローンの試作機。垂直離着陸が可能
写真●開発するドローンの試作機。垂直離着陸が可能
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルコミュニケーションズと、自動運転ベンチャーのZMPは2015年7月22日、産業用途に無人飛行機(ドローン)を使ったソリューションの開発・提供で協業すると発表した。2016年から、法人向けにサービス提供開始する。

 2015年8月に合弁会社「エアロセンス」を設立する。資本金は1億円で、出資比率はソニーモバイルコミュニケーションズが50.005%、ZMPが49.995%。エアロセンスの代表取締役は、ZMPの谷口恒代表取締役社長が兼務する。

 エアロセンスは、ドローンの機体と、ドローンに搭載するカメラで収集した画像データをクラウド上で解析するシステムを開発する(写真)。大型施設のインフラ管理・点検や測量現場での調査作業などを効率化する。