PR
SquareのWebサイト
SquareのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルクレジットカード決済の米Squareが新規株式公開(IPO)の申請を非公開で提出したと、複数の米メディア(BloombergNew York TimesWall Street Journalなど)が現地時間2015年7月25日までに報じた。米Twitterの指導者選びが新しい段階に移る可能性がある。

 SquareのIPO申請は、新規事業活性化法「Jumpstart Our Business Startups Act(JOBS法)」のもとで行われたとみられる。同法により、米国では年間売上高10億ドル未満の企業は財務諸表などを開示せずにIPOを申請できる。

 Squareは、Twitterの共同創業者であるJack Dorsey氏がJames McKelvey氏とともに2009年に立ち上げた。モバイルデバイスに取り付ける小型クレジットカードリーダーを用いたモバイル決済システムを提供するほか、融資プログラム「Square Capital」や送金サービス「Square Cash」なども手がけている。

 Dorsey氏は現在、SquareでCEO(最高経営責任者)の役職を維持しつつ、Twitterの暫定CEOも務めている。Twitterでは、Dick Costolo前CEOが7月1日付けで辞任した(関連記事:Twitter、Dick Costolo氏が7月1日付けでCEO辞任)。

 Twitterは後任のCEOを探しており、Dorsey氏もその有力候補に名前が挙がっている。しかしTwitterはフルタイムでCEOに専念できる人物を望んでおり、Dorsey氏が後任に就くにはSquareのCEOを辞めなければならない。

 SquareがIPOを目指し、Dorsey氏が引き続きSquareの責任者にとどまるとなると、同氏がTwitterの後継CEOに任命される可能性は低いと、メディアは見ている。Dorsey氏は、Twitterの株式の3.6%、Squareの26%を保有している。