PR

 米Yahoo!は現地時間2015年7月31日、ソーシャルショッピングサイトの米Polyvoreを買収することで最終合意に達したと発表した。この買収により、Yahoo!はデジタルマガジンを強化するなどし、消費者向けと広告主向けサービスを拡充するとしている。

 Polyvoreの創業は2007年。本社を米カリフォルニア州マウンテンビューに置き、サンフランシスコやニューヨークにもオフィスを構えている。Wall Street Journalなどの米メディアの報道によると、Polyvoreサービスの月間ユーザー数は2000万人。また米New York TimesはPolyvoreのサービスについて、ファッションアイテムを中心とする、Pinterestのようなデジタルコルクボード機能を持つが、掲載されるすべてのアイテムを購入できる点が特徴だと、伝えている。

 Yahoo!は今後、Polyvoreのユーザーが集めたファッションコンテンツを、自社のファッション関連デジタルマガジンに取り込む意向。一方Polyvoreは引き続き独立したサービスとしてWebサイトとアプリを運営するが、Yahoo!の広告プラットフォーム「Gemini」を利用して広告を販売していくとNew York Timesは伝えている。

 Yahoo!は「Mavens」と呼ぶ4つの主要事業(モバイル、ビデオ、ネイティブ、ソーシャル広告)を重視しており、Polyvoreの買収がこれら事業分野の成長につながると期待している。なおYahoo!はPolyvoreの買収金額について明らかにしていない。Polyvoreのチームは今後サンフランシスコ・サニーベールやニューヨークにあるYahoo!のオフィスに加わる。Polyvoreの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のJess Lee氏は、Yahoo!のPublisher Products担当シニアバイスプレジデント、Simon Khalaf氏の直属となる。

[発表資料へ]