PR

 中国Alibaba Group(阿里巴巴)は現地時間2015年8月4日、米Goldman Sachsの元幹部であるMichael Evans氏を社長に任命したと発表した。

 Evans氏の社長就任は、同社がグローバル化にいっそう取り組む姿勢を示すものだ。Alibabaは、国外事業の強化を優先事項の上位に掲げており、中国と主要マーケット間の貿易の増加にも努める。

 Evans氏はDaniel Zhang(張勇)最高経営責任者(CEO)の直属となり、Alibabaの国際的成長戦略を統括する。当初は、欧州や米大陸、アジアの主要ブランドや小売事業者との関係を構築し、これら企業の中国消費者向け販売を支援する。

 Evans氏はGoldman Sachsで長年にわたる実績を積み、アジア事業会長、Global Growth Markets部門責任者、副会長を務め、2014年に退社した。Alibabaが米国で新規株式公開(IPO)を果たした2014年9月以降、同社の独立取締役となっていた。今後も、取締役会に籍を置く。

[発表資料へ]