PR

 米Hewlett-Packard(HP)が現地時間2015年8月20日に発表した2015会計年度第3四半期(2015年5~7月)の決算は、パソコンおよびプリンター事業が不調で引き続き減収減益となった。

 第3四半期の総売上高は253億4900万ドルで、前年同期と比べ8%減少。米会計原則(GAAP)ベースの純利益は8億5400万ドルで同13%減少した。希薄化後1株当たり利益(EPS)は同10%減の0.47ドルとなり、従来予測である0.50~0.54ドルに届かなかった。

 特別項目を除いた非GAAPベースの場合、純利益は前年同期比6%減の16億400万ドル、希薄化後EPSは同1%減の0.88ドルとなる。

 米メディアの報道(New York Times)によると、アナリストらは売上高を254億4000万ドル、特別項目を除いたEPSを0.85ドルと予測していた。

 事業別の業績を見ると、パソコンやプリンターを扱うPrinting and Personal Systems Group事業の売上高は125億9900万ドルで、前年同期比12%減少した。このうちパソコン部門が同13%減の74億9100万ドルで、企業向けが同9%減、消費者向けが同22%減少した。プリンター部門は同9%減の51億800万ドルだった。

 製品出荷台数は、デスクトップパソコンが前年同期比20%減、ノートパソコンが同3%減で、パソコン全体では同11%縮小した。プリンターは、企業向けが同6%減、消費者向けがほぼ横ばいで、全体では同2%減だった。

 サーバーや技術サービス、ストレージ、ネットワーキングなどを手がけるEnterprise Group事業の売上高は、前年同期比2%増の70億700万ドル。業界標準サーバーとネットワーク関連は好調だったが、ストレージ、ビジネスクリティカルシステム、技術サービスが低迷した。

 アプリケーションやビジネスサービスなどのEnterprise Services事業の売上高は49億7600万ドルで同11%減少した。Software事業の売上高は同6%減の9億ドル、Financial Services事業は同6%減の8億600万ドルだった。

 今後の見通しについては、2015会計年度第4四半期(2015年8~10月)のEPSを、GAAPベースで0.12~0.18ドルの範囲、非GAAPベースで0.92~0.98ドルの範囲と予測。2015会計年度通期(2014年11月~2015年10月)のEPSは、GAAPベースで1.87~1.93ドルの範囲、非GAAPベースで3.59~3.65ドルの範囲と見込んでいる。

 同社は2015会計年度末までに会社を分割する計画を進めており、7月1日に関連の届出書を米連邦証券取引委員会(SEC)に提出している。会社分割により、パソコンおよびプリンター事業を引き継ぐ「HP Inc.」と法人向け事業を引き継ぐ「Hewlett Packard Enterprise」がそれぞれ独立した公開企業として運営されることになる(関連記事:HP、分社化に関する届出書をSECに提出、「計画は順調」

[発表資料へ]