PR

 米Appleは現地時間2015年8月21日、一部の「iPhone 6 Plus」のリアカメラ「iSight」を無償交換すると発表した。「わずかな割合のiPhone 6 Plusで、iSightの部品に不具合があり、写真がぼやける可能性があることが分かったため」と説明している。

 対象となるのは、主に2014年9月~2015年1月に販売された、特定範囲のシリアル番号の製品。交換プログラムの専用ページで、手持ちのiPhone 6 Plusのシリアル番号を入力すれば、該当製品かどうか確認できる。

 該当シリアル番号の製品すべてに交換プログラムが適用されるのではなく、「Appleで、交換プログラムの対象となるか、iSight以外は正常に動作しているか検証したのち」交換手続きを行うという。例えば画面にひび割れがあれば、先に修理する必要があり、場合によっては修理代が発生する。なお「iPhone 6」は交換プログラムの対象ではない。

 iPhone 6 Plusで撮った写真がぼやけることについては、昨年10月から一部ユーザーが報告しており、Appleのオンラインフォーラムや「YouTube」上でぼやけた写真やぶれた動画を公開する者もいた(米Mashableの報道)。

[発表資料へ] ========================================================