PR

 米Googleは現地時間2015年8月21日、米Twitterとの提携に基づいた検索サービスにおけるリアルタイムツイートの表示をデスクトップ版でも提供することを明らかにした。

 両社は今年5月、「Google Search」の検索結果にTwitterで公開されたリアルタイムのツイートを含めることを発表。まずは米国向けのモバイル検索(AndroidおよびiOSアプリケーション、モバイルブラウザー)から開始した(関連記事:Google検索結果でリアルタイムツイートを表示、米国向けモバイルから)。

 今回Googleは、5月のブログ記事を更新し、両社の提携を英語版のデスクトップ検索「Google.com」にも拡大するとの情報を追加した。

 Google.comで「アカウント名 Twitter」と検索すると、検索結果の上位に、そのアカウントから投稿された最新のツイートがカルーセル方式で複数表示される。

 GoogleとTwitterは2009年~2011年にもリアルタイム検索を提供していたが、契約更新の条件が折り合わず、リアルタイム検索を終了した。GoogleのほかにもTwitterのリアルタイムツイートを表示する検索エンジンはあるが、両社の提携強化はTwitterの投資家を安堵させる材料になると米Wall Street Journalは報じている。

 Twitterの月間アクティブユーザー(MAU)は6月末時点で3億1600万人と増え続けているものの、成長率はこの数年で大幅に減速している。TwitterはGoogleなどとの提携を通じて、非Twitterユーザーがツイートを目にする機会が増え、Twitterアカウントを登録することを期待している(米Maxhableの報道)。

========================================================