PR

 米AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)が現地時間2015年8月24日に異例のコメントを出し、同社の中国事業に関する懸念の払拭を図ったと複数の海外メディア(米Wall Street Journal米New York Times米CNETなど)が報じた。

 これは米経済専門テレビ局CNBCの番組ホストを務めるJim Cramer氏に、Cook CEOが電子メールで伝えたもの。もう1人の番組ホストであるCarl Quintanilla氏がTwitterにその全文を投稿した。それによると、Cook CEOは「この7月と8月における我々の中国事業は引き続き力強い伸びが見られた」とし、「現にiPhoneのアクティベーションはここ数週間で加速しており、過去2週間の中国におけるApp Storeの業績は今年の最高水準に達した」と述べた。

 さらに同氏は「今のところ今四半期(7~9月)における我々の業績は安心だ」とも付け加えた。また「中国市場には長期間にわたり、かつてない機会がある」と指摘しており、その理由として、同国ではLTEの普及率が依然低いこと、今後数年にわたり同国の中間層が目覚ましく増大することを挙げた。

 CNETによると、Cook CEOが決算発表以外の場で業績に関するコメントを出すのは異例のこと。だがAppleの株価は中国市場の不安定さへの懸念を受けてこの数週間下落している。8月24日の中国株式市場は同国経済の減速への懸念などを背景に、主要な株価指数が8年ぶりに大幅下落した。こうした事態を受けCook CEOはコメントを出したという。Cook CEOは「多くの投資家が気に掛けている問題に対処したかった」とも説明したとWall Street Journalは伝えている。