PR
写真●「VMware Fusion 8」「VMware Fusion 8 Pro」のパッケージ
写真●「VMware Fusion 8」「VMware Fusion 8 Pro」のパッケージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ヴイエムウェアは2015年8月26日、Mac上でWindowsアプリケーションをネイティブアプリのように動作させられる仮想化ソフトの最新版「VMware Fusion 8」および「VMware Fusion 8 Pro」を同日発売したと発表した(写真)。パフォーマンスを向上するとともにWindow 10に対応した。同社Webサイトでの直販価格はVMware Fusion 8が9990円、VMware Fusion 8 Proが2万4690円から。

 最新版では、新規仮想マシン(VM)へのWindows 10インストールや既存VMへのWindows 10アップデートに対応。音声アシスタント「Cortana」やWebブラウザー「Edge」などのWindows 10最新機能を利用できる。また、グラフィックスエンジンを強化し、DirectX 10やOpenGL 3.3に対応。従来版と比べてグラフィックスを最大65%高速化した。現在開発中のOS X最新版「OS X El Capitan」にも対応し、El Capitanパブリックベータ上で互換性テストを行うこともできる。

 VMware Fusion 8 Proは、上級ユーザーや技術プロフェッショナル向けの上位版。「VMware vCloud Air」クラウド環境とネイティブに統合して、ローカルの仮想マシンをクラウド上にバックアップしたり、Webサイトやアプリケーションをクラウドの本番稼働前にローカルで構築できる。VMware vSphere、VMware ESXi、VMware Workstationサーバー上の仮想マシンと容易に統合できるという。

 VMware Fusion 6/7からVMware Fusion 8へのアップグレード価格は6290円、VMware Fusion 8 Proへのアップグレード価格は1万4890円から。7月29日以降にVMware Fusion 7を購入したユーザーは無償でアップグレードできる。また、Parallels Desktopのユーザーは、割引価格で購入できる。

ヴイエムウェアのWebサイト