PR

 米Microsoftは現地時間2015年8月26日、正式リリースから約1カ月経った最新OS「Windows 10」の導入状況について明らかにした。現時点で7500万台以上にインストールされているという。

 Windows 10は7月29日に190カ国で正式版が公開され、24時間で1400万台以上に導入された(関連記事:「Windows 10」、リリース後24時間で1400万台以上にインストール)。

 MicrosoftのWindows and Devices部門マーケティング担当コーポレートバイスプレジデントのYusuf Mehdi氏は自身のTwitterアカウントから、「Windows 10は7500万台のデバイスで動作しており、日々その数は増えている」とツイートし、続けてWindows 10に関する一連のツイートを投稿。「Windows 10は192カ国で利用されている」「9万機種以上のパソコンやタブレット端末がアップグレードした」「2007年製造のデバイスでもアップグレードしたものがある」「Windows 10用Windows Storeのデバイス当たりのアプリケーションダウンロード数はWindows 8より6倍多い」などと報告した。

 Microsoftは、Windows 10を投入してから2~3年以内にWindows 10が動作するデバイスを10億台にすることを目標に掲げている。米InformationWeekは、「現在の成長速度なら目標は達成できそうだが、この勢いを維持できるかが問題だ」と指摘している。

[発表資料へ]