PR

 インフォアジャパンは2015年8月28日、CRM(顧客関係管理)ソフト「Infor CRM」(写真)を2016年度(2016年4月期)中に日本市場へ投入すると発表した。グローバルでのユーザー数は2500社以上。クラウドまたはオンプレミスで利用可能で、クラウドの場合は米アマゾンウェブサービス(AWS)上で提供する。新規導入企業の50%がクラウド型という。

写真●Infor CRMの利用イメージ(提供:インフォアジャパン)
写真●Infor CRMの利用イメージ(提供:インフォアジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本国内ではこれまで、クラウド型のERPとして自動車業界、製造業、中小企業、ファッション業界、食品飲料業界に特化した「ソリューションスイート」を提供してきた。さらに、旧Baan(現Infor ERP LN)や旧BPCS(現Infor ERP LX)などの古いオンプレミス型ERPを最新版にバージョンアップしながら同時にクラウドERPへと移行する「Infor Upgrade X」プログラムも提供。今回、ERPに加えてCRMソフトを新たにクラウドで提供開始する。

 主な特徴は、モバイル(主要な携帯電話/タブレット)から利用できる点や、他のアプリケーションからCRM機能を利用するためのAPIを公開している点などが挙げられる。OutlookやGmail向けにアドインを用意しており、CRM機能をメールの受信トレイと連携も可能。設定面では、細かい個別カスタマイズができる。

 米インフォアは2014年8月にCRMソフトの米セールスロジックスを買収して以来、クラウドCRMへの投資に力を注いでいる。